抗うつ剤レメロンの効果は?

抗うつ剤レメロンはどんな効果があるのか?レメロンの特徴とは!? - レメロンが作用する適応疾患について

レメロンが作用する適応疾患について

抗うつ剤のNaSSAに分類されるレメロン、という薬ですが認可がおりたのが割りと最近のことなんですね。
さて、このレメロンという薬ですがうつ病というざっくりした分類だけでなく、どんな疾患に対して適応するのかということを詳しく紹介していきましょう。

レメロンが適当する疾患について

まず、レメロンにおいての添付文書にはうつ病やうつ状態ということに対して適応があると言う風に記載しているんですね。
抗うつ剤として開発されているものですし、実臨床の中でもうつ病やうつ状態の患者さんに対して処方するという事が多い物なんですね。
しかし、実はレメロンという薬はうつ病以外の症状や疾患を持っているような患者さんに使用する、という場合もあるんですね。

どんな疾患が対象になるのか

レメロンは、セトロニンやノルアドレナリンを増やす効果がありますのでうつ病以外にも例えば、パニック障害や社交不安障害、と言ったような不安障害の症状改善効果も認められているんですね。
その他にも、レメロンは副作用としても眠気が起きるということを利用して不眠症の患者さんに対して処方されることもあるんですね。
睡眠薬や、睡眠導入剤だけでは効き目が薄いという症状の人に対して処方することもあるんですね。

その他の特例について

精神疾患に対して、レメロンは効果が有るというイメージが有るのですがそれだけではなく慢性の掻痒に対して使うということもあるんですね。
何故、こんな症状に効果があるのかという事なのですがレメロンには抗ヒスタミン作用という効果があって、これは体のかゆみを抑制してくれるような効果があるんですね。
なので、皮膚が痒いという症状に悩まされている人も改善出来るでしょう。

関連する記事

Copyright(C)2016 抗うつ剤レメロンの効果は? All Rights Reserved.