抗うつ剤レメロンの効果は?

抗うつ剤レメロンはどんな効果があるのか?レメロンの特徴とは!? - レメロンの作用の違いについて

レメロンの作用の違いについて

レメロン、という抗うつ剤は最近認可が降りた薬ではあるのですが今までの抗うつ剤とは、実は作用の仕方が少し違うんですね。
薬の構造などが違う事から、作用の仕方も変わるのですが作用が変わると一体どんな効果があるのかということについてを解説していきましょう。

レメロンの作用の違いについて

三環系やSSRIと言った、抗うつ剤の中でも処方される代表的な抗うつ剤とは、レメロンが分類されるNaSSAという抗うつ剤は成分も違うのですが脳内や神経に対して作用の仕方も変わるんですね。
こうすることによってどんなメリットがあるのかというと三環系抗うつ剤やSSRIなどを処方してもらったけど、抗うつ効果やうつ病の症状改善が見られなかった場合に、別の選択肢として選ぶ事が出来る、というメリットがあるんですね。

どのように違うのか

SSRIなどの抗うつ剤は、セロトニンなどの再取り込みという脳内の神経に取り込まれる事で量が減ってしまうのを防ぎ、鬱病の症状を改善するという作用になっています。
一方で、レメロンはセトロニンやノルアドレナリンの分泌を促す事で脳内にその物質を増やしてくれるという物質自体の分泌量を増やすような作用になっているので再取り込みによる濃度上昇の効果が認める事が出来ない場合は、こちらを使うという選択をする事が出来るのです。

作用の違いがあるもう一つのメリット

更に、作用が違うという事は実は理論上は併用することによって相乗効果を期待する事が出来る、という事でもあるのです。
実際、このやり方は一時期流行しておりカリフォルニアロケットという風に呼ばれるあり方で、重度の鬱病症状の改善をするために使われていた、という実績があるんですね。

関連する記事

Copyright(C)2016 抗うつ剤レメロンの効果は? All Rights Reserved.