抗うつ剤レメロンの効果は?

抗うつ剤レメロンはどんな効果があるのか?レメロンの特徴とは!? - レメロンの効果について

レメロンの効果について

レメロン、という抗うつ剤は通称NaSSAと呼ばれています。
副作用が薄く、即効性が高いという事で現代のうつ病治療の処方薬として注目を受けている物なのですが、どんな抗鬱剤なのかという事を紹介、解説をしていきましょう。

レメロンはどんな薬か

レメロン、というのは2009年から日本でも発売が開始された第四世代の抗うつ薬と呼ばれている薬ですね。
NaSSAという分類の抗うつ剤になっておりのですが、同じ成分の抗うつ剤にはリフレックスなどを挙げることができますね。
レメロンの特徴は、何と言っても即効性が高くておよそ1週間程度で効果が発現される、と言うところですね。
また、副作用が少ないというのも特徴の一つで服用初期にある抗うつ剤特有の吐き気などがあまりない、という事が注目を受けています。

NaSSAとは何か

レメロンが分類されている、NaSSAという抗うつ剤はそもそも何なのかという事ですが、これはノルアドレナリン作動性特異的セトロニン作動性抗うつ薬の略称で、ノルアドレナリン神経と特異的なセトロニン神経を活発化させることによってセトロニンやノルアドレナリンを増加させ、鬱病の症状を改善させるというものになっています。
効果も高めで、うつ病の症状改善にも高い効果があるとされており評判は上々と言ったところが現在の評価ですね。

レメロンのいいところ

レメロンは、うつ病の症状の改善のほかうつ病の症状と併発しやすい不眠症などを改善してくれる、という効果があるんですね。
具体的には、眠りの質をより深くしてくれますのでぐっすりと睡眠を取ることが出来、精神的ストレスなどの緩和や改善、と言ったような効果を期待する事もできるのです。

関連する記事

Copyright(C)2016 抗うつ剤レメロンの効果は? All Rights Reserved.