抗うつ剤レメロンの効果は?

抗うつ剤レメロンはどんな効果があるのか?レメロンの特徴とは!? - 抗うつ剤レメロンの効果は?

新着情報

◆2016/11/30
抗うつ剤レメロンの効果は?の情報を更新しました。
◆2016/11/30
当サイト更新者情報を新規投稿しました。
◆2016/11/30
レメロンの効果の強さと向いている人の情報を更新しました。
◆2016/11/30
レメロンの効果についての情報を更新しました。
◆2016/11/30
レメロンが作用する適応疾患についてを新規投稿しました。

抗うつ剤レメロンの効果は?

現代病において、最も深刻になって来ている物と言えば癌や白血病などの難病だけではなく、うつ病と言った精神や脳に関する病気という物も同様ではないでしょうか。
そんなうつ病に処方される薬の中でも、今注目を受けている処方薬、レメロンという薬についてを解説していきましょう。

レメロンとは

レメロン、という薬は一般名はミルタザピンという名前の薬でうつ病の原因と言われる脳内の物質、セロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを増やす事により、神経の伝達をよりスムーズにすることでうつ病の症状を改善さsる、というような働きになっています。
従来の抗うつ剤、というのはSSRIやSNRIなどとは少し作用の仕方が違うというところが特徴的です。
SSRIやSNRIというのは、脳内のセロトニンやノルアドレナリンと言った物質の再取り込みを阻害する事によって、体内のセトロニンやノルアドレナリンの減少を防ぐ、という効果があります。
一方で、レメロンは四環系の抗うつ剤になるテトラミドが元になった薬となっているので、作用はどちらかというとこちらに似ている物があるんですね。
α2受容体遮断作用、というのですがこれは神経の前シナプスにあるα2受容体のノルアドレナリン、セロトニン放出の抑制作用効果を遮断する事によって、それぞれノルアドレナリン、そしてセトロニンの放出を促して、シナプス間のこれらの神経伝達物質を増やすことにより情報伝達の速度を上昇、ないし情報伝達そのものをスムーズにすることによって、鬱病の症状を改善する事が出来る、といったような効果が有るんです。

レメロンの特徴について

eargaレメロンは、四環系抗うつ剤と似たような性質を持ちながら更に独特の作用を持っており、それはセトロニンの結合するはずの物の遮断していた受容体に結合するように促すという作用があるんですね。
こうする事で、抗不安や抗うつ作用を示すのです。
更に、本来結合するはずだった受容体とセトロニンが結合してしまうとイライラしてしまう、攻撃的になってしまう、不安や不眠を感じると言ったようなアクチベーション・シンドロームを引き起こすことを防ぐことにつながっているのです。
レメロン、というのはつまりはセトロニン結合を抗不安や抗うつ作用を示す物だけの受容体に特異的作用を引き起こさせ、なおかつ別の悪効果のある作用を引き起こす受容体との結合を防ぎ刺激しないようにすることによって、副作用をなるべく引き起こさないようにすることが出来る、という作用を持っているんですね。
こういった、特異的な働きを持っているレメロンという薬は一般的に抗うつ剤の分類としてはノルアドレナリン作動性・特異的セトロニン作動性抗うつ剤、と呼ばれておりNaSSAと言う風に呼称されているんですね。
NaSSAが、副作用が少ないというのはこのセトロニン結合に関する受容体の特異的作用によって実現する事が出来ている効果なのです。

レメロンのメリット

また、レメロンというのは非常に効果の発現が早いということも特徴の一つになっています。
ある程度の個人差があるとは言え、およそ1週間程度で効果を実感する事が出来るようになっています。
こういった、即効性の高さはレメロンの薬のもとになっている四環系の抗うつ薬と構造が似ているからなのでしょうね。
即効性が高く、副作用もあまりないということでレメロンは今注目を受けているので、うつ病に関心がある人は覚えておくといいでしょう。

Copyright(C)2016 抗うつ剤レメロンの効果は? All Rights Reserved.